……(他のhead要素)……

岩橋玄樹のパニック障害はいつ?原因とは?嘘ってなに!?

アーティスト

岩橋玄樹

今回、king&princeの岩橋玄樹さんが、パニック障害で療養していたのだが、2021年3月いっぱいで脱退と退所の発表がありました。

岩橋玄樹さんが、患っていた病気『パニック障害』を発症したのは小学生の頃だと言います。

なぜ、パニック障害を起こすことになってしまったのか、その原因と、一部ではパニック障害は嘘って噂になっています。

どうしてそんな事になったのでしょうか。

スポンサーリンク

岩橋玄樹のパニック障害はいつ?原因は?

岩橋玄樹

岩橋玄樹さんが、パニック障害が発症したのは、小学生の時にいじめにあったことが原因だそうです。

岩橋玄樹さんが、パニック障害だと告白したのは、2018年10月19日フジテレビ系のドキュメンタリー『RIDE ON TIME』という番組です。

いじめが原因で不登校になってしまい、逃げられない状況に陥ると自分の感情のコントロールが出来なくなってしまうと言います。

スポンサーリンク

パニック障害とは?

さらに詳しくパニック障害について調べてみることにしました。

パニック障害とは、「パニック発作」「予期不安」「広場恐怖」を三大症状とする病気です。100人におよそ1人が発症するといわれています。

経過中にはうつ病を合併する恐れがあり、治療に難渋することがあるため、早期に診断されて治療につなげることが重要です。

(引用元:パニック障害

 

パニック障害が起きる原因としてハッキリとしたメカニズムなどは明らかにされていませんが、人は危険な場面に遭遇すると働く神経機能の異常がきたすとパニック障害が生じるとされているそうです。

スポンサーリンク

パニック障害の症状とは?

パニック発作・・何の前触れもなく突然生じて、激しい動悸、息苦しさ、めまいなどの症状を起こす発作

引き金になるのが、過労、睡眠不足、ストレス、風邪など、また家族歴があると発症リスクが高まるともされています。

予期不安・・パニック発作を繰り返すことで、また発作を起こすのではないかと心配することを予期不安

広場恐怖・・いつ生じるかわからない発作に備えて、助けを得られない状況などを避けようとすることを広場恐怖。

パニック発作を生じると、自分一人の力ではどうしようもなくなってしまい、誰かの助けを得たいと思うように。

うつ症状・・行動制限によって、会議や出張、買い物などの状況を避けるようになると、日常生活を送ることがままならなくなり、その結果生活の質が著しく損なわれてうつ症状がみられる様になってしまいます。

神宮寺

一番このことを少し前から知っていたのが、同じメンバーでもある『神宮寺くん』だったみたいで、岩橋玄樹さんも神宮寺さんには助けられたんだと思います。

身近に知っていてくれる人がいたから、岩橋玄樹さんも頑張れたんだと思います。

パニック障害の治療の仕方も、薬物療法と認知行動療法が中心で、薬物療法では、主に選択的セロトニン再取込み阻害薬が用いられ、認知行動療法は、パニック発作の治療として有用なのです。

パニック障害は自分との戦いでもある為、長期の期間での治療が必要で継続的に続けることが重要なのです。

スポンサーリンク

岩橋玄樹のパニック障害は嘘ってなに!?

キーワード検索で『岩橋玄樹 パニック障害』って打つとなぜだか、嘘って言葉も出て来るのです。

岩橋玄樹さんが、パニック障害だと発表したのがデビューから半年後の事。

治療に専念する為、2018年11月から休養に入り、2019年2月17日付けの3rdシングル『君を待ってる』をもって、一部制限付きで芸能活動を再開することを発表したものの再度不安定な状態に陥ったとして、2月28日、活動再開の見送りを発表しています。

わずか11日間で活動再開を見送ったのには理由があったのです。

それは、警察沙汰になるトラブルを起こしていたからです。

「2月19日夜、キンプリの岩橋くんが外国人男性や警官らと共にパトカーに乗っていったのです」(近隣飲食店関係者)

この日、岩橋は複数の友人と酒を購入しようと都内のコンビニを訪れていた。

「原宿駅付近のコンビニで、岩橋くんはお酒を購入していました。そのときでした。若く見られたのか、店員さんが年齢確認のために身分証の確認を求めた。すると、岩橋くんは店員の態度に腹を立てたようで、急に激昂し店員さんへ食って掛かったのです。ジャニーズタレントである有名人の自分を知らなかったことで頭に来たのかも……」(岩橋の知人)

岩橋と店員は口論に発展し、110番で駆けつけた警察官に署まで連れて行かれた。岩橋が警察署を出たのは、日付が変わった2月20日未明だった。厳重注意を受け、両親が真夜中に警察署まで身柄を引き受けに来たという。

これが原因で見送られたと言う事です。

そして、もう一つ気になる記事を見つけました。

岩橋玄樹は治療に専念していないと言うのです。

治療中にお酒を飲んで遊んでいたと言います。

この日だけでなく、実は、岩橋は休養中も友人らとたびたび酒宴に興じている。

「岩橋くんはまったく療養に専念なんてしていません。飲み歩いてばかりいますよ。2月9日には、京都の英国風パブ『HUB』で友人らとお酒を飲んでいました。

気になったのは、何かの薬をお酒と一緒に大量摂取していたことです。酒で流し込むように10錠以上は飲んでいた。何の薬かはわかりませんが、『1軒の病院でもらえる量だと全然足りないので、何軒もの病院を回っている』と言っていました。周囲が体を心配して止めようとしても、『薬はお酒と一緒に飲みたいんだ!』とやめようとしないんです」(別の岩橋の知人)

確かに、パニック障害は自分との戦いでもあるので、気分転換にお酒を飲むことはいいのですが、薬をお酒と飲んでは何の効果にもならず、何の為に休んでいるのか考えて貰いたいですね。

ファンの子達は、1日でも早く復帰して欲しいと待ち望んでいたのに、岩橋さんが治療に専念していないのであれば、パニック障害も嘘と検索されてしまうのは当然のことですよね。

しっかり治療に専念していたら、脱退も退所もしなくて済んだのかも知れません。

いつまでも待っていたファンの子達には可愛そうな結果になってしまいましたが・・。

最後までお読みいただきありがとうございました。