……(他のhead要素)……

熊谷真実と旦那中澤希水との年齢差18歳!馴れ初めは?認めなかった義母との関係は?

2021年2月20日エンタメ,女優

熊谷真実 中澤希水

熊谷真実さんと旦那の中澤希水さんとは、18歳の年の差婚で結婚され今でも仲の良い二人ですよね。

熊谷真実さんも今60歳の還暦を迎えてますが、見えない位の可愛さでもあります。

そんな二人が、どのように出会ったのか馴れ初めについて、そして年の差婚を認めなかった義母との関係は、浜松に移住してきてどのように変わったのでしょうか。

スポンサーリンク

熊谷真実と旦那中澤希水との馴れ初めは?

熊谷真美さんと旦那の中澤希水さんとの出会いは、やはり書道教室だったそうです。

カルチャーセンターに置いてあったパンフレットで中澤希水さんの書道講座に興味を持ったと言う熊谷真実さん。

でも、その書道講座は実施されなかった為、熊谷真実さんは中澤希水さんの書道教室をネットで調べ、直接問い合わせて通う事になったそうです。

中澤希水さんのタレ目姿に、熊谷真実さんは『先生カッコいいから頑張れるかも』と思ったと言っていました。

最初の1年間は師匠と弟子の関係だったみたいですね。

スポンサーリンク

熊谷真実の旦那中澤希水の書道教室はどこ?

熊谷真実さんも通っていた中澤希水さんの書道教室はどこにあったのでしょうか。

中澤希水の書道教室と調べてみたら『東京教室(恵比寿)』と出てきました。

稽古場は恵比寿駅から徒歩6分です。詳しい住所までは書いて無く申し込みを頂ければ場所の詳細を教えてくれるようになっています。

(引用元:中澤希水の書道教室

スポンサーリンク

熊谷真実と旦那中澤希水とは三度のデートで逆告白

スポンサーリンク

中澤希水は元カノとの破局

熊谷真実さんと旦那中澤希水さんが出会った当時は、中澤希水さんには結婚を考えていた彼女さんがいたそうです。

でも、2011年の秋頃に彼女さんと破局したことをツイッターで報告していて、たまたまそれを見た熊谷真実さんは、『やった!ご飯でも行きやすくなったね』と茶化したものの、女優が年下の素人に手を出したと思われたくなかったので、熊谷真実さんから誘う事は無かったそうです。

スポンサーリンク

熊谷真実と旦那中澤希水の急展開

旦那中澤希水さんは、カラオケが大好きで中澤希水さんの仲間でカラオケ大会もするほど。

彼女と破局をした年の年末に、中澤希水さんの仲間とカラオケ大会をすることになり、そこに熊谷真実さんを誘ったそうです。

それからの二人の出会う速度が急展開して行ったとか・・・。

1回目のデートは食事

2回目のデートは映画を予定していましたが、熊谷真実さんが風邪気味だったので食事に変更

3回目のデートは川越にある中澤希水さんのアトリエ兼自宅に遊びに行くことに。

その3回目のデートの際に、熊谷真実さんから『好きでした』と逆告白をしたんだそうです。

中澤希水さんからの返事はこちら

「これから女の人に好きと言われるかもしれないので とりあえず私も好きなんですということだけ告白したいんですけど」

「わかりました 人生でこんなイレギュラーなことがあるなんて思わなかったのでちょっと考えさせて下さい」

「どうぞゆっくり考えて下さい」と言って巡業に行った。

(引用元:メレンゲの気持ち 芸能情報

その後、1ヶ月の巡業の為、熊谷真実さんは大阪に行くことになり、中澤希水さんも1ヶ月間考えたそうです。

熊谷真実さんが大阪から帰ってきた時に、中澤希水さんから『結婚を前提に付き合って下さい』と告白され、2012年春から交際し、秋には入籍しています。

スポンサーリンク

熊谷真実と中澤希水との結婚には義母は認めなかった

熊谷真美さんと中澤希水さんとの結婚は、熊谷真実さんにとっては再婚で中澤希水さんは初婚です。

18歳の年の差婚でもあったので義母は、結婚は認めなかったと言います。

コロナウィルス感染拡大で仕事も無くなり「マスクなしの付き合い」ができるのは家族だけだと「一家団結」の重要性を実感し、中澤希水さんの実家のある浜松への移住を決めたと言います。

移住して一番良かった事は、9歳年の離れている中澤希水さんの両親との関係性が密になったと言います。

特に、義母とは現在では服を貸し借りするほどの仲の良さに変化したと言います。

義父の誕生日も一緒にお祝いするなど『本当の家族になれた』と実感しているそうです。

スポンサーリンク

まとめ:熊谷真実と旦那中澤希水はいつも仲良し!両親とも仲良しで本当の家族

いかがだったでしょうか。

今回は、熊谷真実さんと旦那中澤希水さんの馴れ初めから両親との仲についてもまとめてみました。

熊谷真実さんにとっては、まだ観光客気分が抜けないみたいですが、浜松の住みやすさにも慣れて来て、もっともっと浜松の良さを知って貰いたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。