……(他のhead要素)……

松丸亮吾とDaiGoの4人兄弟で高学歴!母の教育が凄すぎる

テレビ

松丸亮吾 父と4兄弟

『謎解き』クリエイターとしてクイズ番組には欠かせない松丸亮吾さん。

兄のメンタリストDaiGoさんとは兄弟で、他にも2人の兄がいて松丸亮吾さんは末っ子なのです。

松丸亮吾さんと言えば、東大生ですが、DaiGoさんも慶応義塾大学理工学部卒業しており、4兄弟揃って高学歴なのです。

そんな頭のいい子供達を育てた母親の教育が凄かったからだと言われています。

果たしてどんな教育方法だったのでしょうか?

スポンサーリンク

松丸亮吾は東大生でありながら会社社長!

 

この投稿をInstagramで見る

 

松丸 亮吾(@ryogomatsumaru)がシェアした投稿

松丸亮吾さんは、1浪して東京大学工学部に入学し、在学中に東大生が中心のインカレサークル『AnotherVision』の2代目を務め、大学生との肩書きを持ちながら、謎解きの楽しさを伝えるエンターテインメント会社『RIDDLER株式会社』代表取締役としても活動しています。

『AnotherVision』とは

東京大学の学生を中心として構成されているクリエイター集団。体験型謎解きゲーム・謎解き関連書籍・謎解き関連テレビ番組の制作などを行っている。

(引用元:Wikipedia

大学の方は、現在1年間の休学をしており、『謎トレの面白さを広めたい』と言う事で休学を決めたそうです。

今後は『教育に謎トレを生かしていきたい』とも考えており、東京大学教育学部への転校も検討しているとか・・・。

スポンサーリンク

松丸亮吾の兄の高学歴や経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

松丸 亮吾(@ryogomatsumaru)がシェアした投稿

松丸亮吾さんには、3人の兄がいます。

スポンサーリンク

長男:DaiGo(松丸大吾)

年齢:34歳

出身大学:慶応義塾大学理工学部

職業:メンタリスト/作家/YouTuber/コンサルタント

実は、東大を受験するも不合格で1浪しているのです。

スポンサーリンク

次男:慧吾(けいご)

年齢:30歳

家族の中で妻帯者(子供が1人女の子)

姪っ子が生まれるので肩書きが"謎のおじさん"になります。

(引用元:Twitter

松丸亮吾さんのTwitterの初めに、こう書いてあったので、慧吾さんのお子さんは女の子である事がわかりました。

DaiGoさんや松丸亮吾さんが高学歴なのですが、慧吾さんは、兄のDaiGoさんと比べれてるのが嫌で、高学歴コンプレックスになってしまったそうで、浪人して大学には入学したけど途中で中退しています。

ですので最終学歴は、高卒となります。

中退した後、家にこもってしまった慧吾さんは、ゲームばかりしていたそうですが、独学でプログラミングを学び、今ではアプリを開発し、月収8億円を稼ぐ実業家だそうです。

慧吾さんが開発したアプリがこちら

・メントレ ・マインドシャッフル ・DNB ・分散学習帳 ・ぬこみこ動画
スポンサーリンク

三男:怜吾(れいご)

年齢:28歳

生年月日:1994年1月26日

出身大学:慶應義塾大学薬学部

職業:調香師&バンドのドラマー

薬剤師にならなかった調香師見習い。

(引用元:Twitter

松丸怜吾さんのTwitterには、このような肩書きが書いてありました。

薬学部を卒業したけど、調剤師では無く調香師とバンドのドラマーをされているんですね。

調香師と調べてみると下記の様に出てきました。

食品や香粧品の香料を調合する職業。フレーバー(食品香料)を調香する調香師はフレーバリスト(en:Flavorist)、フレグランス(香粧品香料)を調香する調香師はパフューマー(en:Perfumer)とも呼ばれる。

(引用元:Wikipedia

どんなお仕事かと言うと

大きく分けて、食品メーカーや化粧品メーカーなどのユーザーから、香りのテーマや予算・期限が決まった調合の依頼を受ける依頼研究と、自らで新しい香りを創り出す創作研究とに分けられる。調香師には、数多くある香料素材の香りの記憶や、香りの構成知識の修得だけでなく、香りの流行傾向や製品カテゴリーの市場動向、香料の安全性、基材に対する安定性・着色性の知識も要求される。

(引用元:Wikipedia

そして、もう一つのバンドのドラマー

『リフの惑星』と言うグループで活躍しています。

スポンサーリンク

松丸亮吾のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

松丸 亮吾(@ryogomatsumaru)がシェアした投稿

名前:松丸亮吾(まつまる りょうご)

生年月日:1995年12月19日

出身地:千葉県市川市

身長:170cm

裏表のない純粋な人で、人と話す際は目を見て話しはするけど、実は人にバレない『人見知り気質』の持ち主。

慣れ親しんだ人には大丈夫だけど、初対面の人に対しては超緊張で、とりあえず目を合わせる癖があるそうです。

目を見て話をして、1日目は大丈夫でも、また2回目の食事に行こうと誘われても『行けたいタイプ』の様です。

スポンサーリンク

松丸亮吾の母親の教育が凄い!

 

この投稿をInstagramで見る

 

松丸 亮吾(@ryogomatsumaru)がシェアした投稿

松丸亮吾の母親は、子供達の個性を見抜く力が強くて、その為子供の興味を持った物にはとことんやらせたそうです。

長男のDaiGoさんの場合は、昔から本を読むことが好きで知識力が強かったので『世界の本・小説・論説』と色んなジャンルの本を吸収させた事が、今のDaiGoさんのメンタリストとして活躍しているんだと思います。

松丸亮吾さんの場合は、小さい時にパズルや謎解きの本に少しでも興味を持てば、図書館や本屋さんで100冊ぐらいドンっと渡して好きなだけ読んで、好きなだけ楽しみなさいと渡されたそうです。今の松丸亮吾さんが謎解きが好きなのは、そこから来ていると言う事ですよね。

そんな凄いお母さんを『乳がん』で若くして他界されています。

スポンサーリンク

松丸亮吾が東大に入れたのも母のおかげ

松丸亮吾さんが、1浪してまで東大に入学したのは、母との小学校の時の約束があったからだそうです。

先程もお伝えしたように、松丸亮吾さんのお母さんは乳がんで56歳と言う若さで亡くなっています。

母の物を片付けていた際に、『母の夢』と言う手紙を見つけたそうです。

そこには、小学校の頃に約束した東大に行くと松丸亮吾さんは母と約束してそうですが、本人も忘れていた事で、当時松丸亮吾さんは反抗期でもあったので、全く勉強もしていなくて成績は下がる一方だったそうです。

でも、その母の手紙を見つけ、そこからの松丸亮吾さんは毎日10時間の勉強をして1浪したけど、東大に入学したのです。

スポンサーリンク

まとめ:松丸亮吾も兄のDaiGoも兄弟高学歴でも1浪していた

いかがだったでしょうか。

今回は、今クイズ番組等で大活躍している松丸亮吾さんについて、そして兄弟のことも調べまとめてみました。

東大=頭がいいと紐づけしてしまいますが、その為にはかなりの努力や挫折があるからこそ何だと思います。

誰もが頑張れば頭は良くなるのです。

今後も、もっともっと謎トレが流行っていきそうな感じですが、これからの松丸亮吾さんの活躍も楽しみですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

テレビ

Posted by mayu