……(他のhead要素)……

松島聡突発性パニック障害!岩橋玄樹のパニック障害とは原因や症状に違いがあるの?

アーティスト

松島聡

2021年3月31日をもって、キンプリを脱退や退所を発表した岩橋玄樹さんと同じパニック障害で療養していた松島聡さん。

同じパニック障害でも、二人が出る症状には違いがあるのでしょうか。

1年9ヶ月ぶりに復帰した松島聡さんの症状と岩橋玄樹さんの症状の違いについて、原因も違いがあるのか一緒に調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

松島聡は『突発性パニック障害』

 

この投稿をInstagramで見る

 

松島聡(@matsushima_sou)がシェアした投稿

松島聡さんがパニック障害になったのは、2017年頃に体調を崩し始めていて、2018年にFAXで直筆の几帳面さが分かるほど、松島聡さんの辛苦が痛いほど伝わってくるほど、診断結果は『突発性パニック障害』でした。

岩橋玄樹さんも松島聡さんも、仕事に真面目で出来過ぎるぐらいの気遣いで頑張ってしまう二人なので、発症してしまったのです。

パニック障害の特徴は、

「まずパニック障害とは、過呼吸や動悸とともに、強い不安に襲われる病気です。またなるという予期不安が特徴です。 だれでもなりうる病気ですが強いて言うなら、敏感で不安感の強い人と自分の身体感覚に無頓着な人がなりやすい。後者は、口に出して『怖い』とか『辛い』と言えず頑張ってしまうタイプです」

(引用元:女性自身

特徴と二人の性格が似ていますよね。

松島聡さんも、復帰したとはいえ完全にパニック障害が完治してはいないはずですので、無理をせず、頑張りすぎず、メンバーやスタッフに頼って欲しいと思います。

スポンサーリンク

松島聡と岩橋玄樹の原因や症状に違いはあるの?

パニック松島聡さんの『突発性パニック障害』と岩橋玄樹さんの『パニック障害』では原因や症状に違いはあったりするのでしょうか。

スポンサーリンク

パニック障害の原因とは

ある日いきなり、心臓がドキドキしたり、胸が締め付けられるように息苦しくなる。めまいや胸の痛みが起こること

こうした発作を起こし、病院で「パニック障害」と診断される人が増えています。かつては心臓神経症や不安神経症のひとつとされていましたが、違う病気であることが判明し、日本でも病名が知られるようになったのは10年ほど前からです。

パニック障害は、ストレス性の不安症や神経症、あるいは心の病気とも違います。最近の研究などから、パニック障害の原因は、脳内神経伝達物質(脳内ホルモン)のバランスの乱れであることがわかってきています。

(引用元:パニック障害って、どんな病気?

スポンサーリンク

パニック障害の症状

岩橋玄樹のパニック障害はいつ?原因とは?嘘ってなに!?』でご紹介しております。

スポンサーリンク

パニック障害は治る病気

パニック発作を経験すると、多くの人が強い不安感や死への恐怖感をもつようになります。つらい症状ですが、ぜひ知っておきたいのは、パニック発作は命にかかわるものではないということです。また、適切な治療を受ければ治る病気であること

(引用元:パニック障害って、どんな病気?

 

パニック障害の治療の目標は、ふつうの人と同じように日常生活ができるようになることです。そのため予期不安や広場恐怖がある患者さんには、薬による治療だけでなく、発作が起きたときの心構えを身に付けたり(精神療法)、苦手としている場所を克服する練習(行動療法)が行われます。

(引用元:パニック障害って、どんな病気?

松島聡さんの『突発性パニック障害』も岩橋玄樹さんの『パニック障害』も原因も症状に違いはありませんでした。

松島聡さんも岩橋玄樹さんも、医者の指示の元、適切な治療を今でも続けているとは思いますが、松島聡さんの方が、この症状になった期間が短いので復帰する事が出来たのかも知れません。

スポンサーリンク

松島聡が戻って来なければ、SexyZoneは解散!

SexyZone

以前、松島聡さんと菊池風磨さんが『突然ですが、占っていいですか』に出演した際に、『松島聡さんが戻って来なければ、SexyZoneは解散していた』と菊池風磨さんが告白していました。

戻って来てくれてホントに良かったですよね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

松島聡さんや岩橋玄樹さんのパニック障害は病名が若干違うだけですが、原因や症状は全く一緒で違いなどありませんでした。

しっかり、医者の指導の元適切な治療を受けていれば治る病気でもあるのです。

とは言っても、また出るのでは?と不安もありますが、松島聡さんの元気な姿をテレビで見れる様になってファンの子達も嬉しいですよね。

今後の活動も無理はせずに活躍して行って欲しいなと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。