……(他のhead要素)……

高橋一生の弟はバンドのボーカル安部勇磨!他にも弟4人!似ていないのはなぜ?

2021年1月24日エンタメ

高橋一生

高橋一生さんに弟が4人も居たのはご存知でしたか?

その中の一人は、芸能界で活躍している『never young beach(ネバーヤングビーチ)』のボーカル兼ギターの安倍勇磨さん。

2017年1月20日の『A-Studio』で父親と弟達が違う事を明かしていました。

弟達と顔が似ていないのは、高橋一生さんが父親似であったからかも知れませんね。

スポンサーリンク

高橋一生の弟はバンドボーカルの安倍勇磨?

安倍勇磨

高橋一生さんの弟の安倍勇磨さんとは、どんな方なのでしょうか。

安倍勇磨さんは、1990年9月生まれの現在30歳。『2021年1月現在』

高橋一生さんとは、10歳も離れています。

never young beach(ネバーヤングビーチ)の楽曲は、全て安倍勇磨さんが担当

安倍勇磨さんがバンドをしている『never young beach(ネバーヤングビーチ)』は、2014年に安倍さんと松島さんの宅録ユニットとして結成し、2015年5月にインディーズデビュー、2017年1月にメジャーデビューを果たしています。

2015年にリリースしたアルバム『YASHINOKI HOUSE』はその年のCDショップ大賞にノミネートされていて、その二か月後にツアーチケットはソールドアウトするほどの大人気なバンドグループなのです。

インディーズ時代から全国ツアーや『FUJI ROCK FESTIVAL 2015』に出演するなどして、快進撃を果たし着実にファンを増やしていきました。

そして、2015年6月26日にシングル曲で出した『あまり行かない喫茶店で』は、テレビ東京「モヤモヤさまぁ〜ず2」のエンディングテーマ曲として2015年7月~9月まで採用されました。

他にも

『なんかさ』と言う曲は、映画『緑色音楽』の主題歌

『やさしいままで』と言う曲は、映画『ロマンスドール』の主題歌

この『ロマンスドール』の主演は、兄である高橋一生さんです。

兄弟共演が実は映画で実現していたんですね。

『サイダーのように言葉が湧き上がる』と言う曲は、アニメ映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』主題歌

 

もしかしたら、どこかで聞いたことのある曲があるかも知れませんね。

スポンサーリンク

高橋一生と弟・安倍勇磨は顔が似ていない理由とは?

高橋一生さんと安倍勇磨さんが顔が似ていないのは、冒頭でもお伝えしたように父親が違うからです。

高橋一生さんの母親は、3度の結婚をしています。

母が初婚で結婚した時に産まれたのが、高橋一生さんで、父親とは高橋一生さんが5歳の時に亡くなっています。

その後、2度目の結婚をして次男・三男の弟が出来、その三男が安倍勇磨さんなのです。

そして、3度目の結婚で、四男・五男が出来、五男とは18歳も離れているといいます。

現在、高橋一生さんが40歳なので、五男の方は22歳位であると思います。

ちなみに、次男・四男・五男は、一般人の方なので情報がありませんが、過去のスポニチに職業が報じられていました。

次男は、デザイン系

三男は、ロックバンド『never young beach』安倍勇磨さん

五男は、すし職人

五男の夢が『料理人になりたい』と言っていたので、その修行の場としてお寿司屋を紹介したのは高橋一生さんだと言います。

スポンサーリンク

高橋一生と安倍勇磨を画像で見ても似ていない

なぜ、顔が似ていないのかと言う理由が分かった所で、本当に似ていないのか画像で見て確認してみましょう。

高橋一生 安倍勇磨

確かに、画像で見比べても高橋一生さんと安倍勇磨さんは似ていませんね。

でも、安倍勇磨さんの優しそうな顔立ち・人柄の良さそうな感じの方ですね。

スポンサーリンク

まとめ:父親が違っても兄弟は仲良し

今回は、高橋一生さんに弟がいるけど、父親も違うので顔が似ていないが兄弟は仲良しです。

高橋一生さんは長男として、弟達のおむつ替えやお世話をするほどの中の良さで、大きくなってからも、仲良しなのか変わらないと言います。

高橋一生さんの人生が壮絶なものだったとは知りませんでしたが、兄弟が仲良しでいてくれるのは、亡くなったお母さんも喜んでくれてるはずです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

エンタメ

Posted by mayu