……(他のhead要素)……

山田裕貴の身長や体重は?腹筋の筋肉がヤバイ?筋トレ方法とは?

俳優

山田裕貴

若手俳優として大人気の山田裕貴さん。高身長でカッコいいですし、腹筋の筋肉もヤバイ位引き締まっているんだとか・・・。

顔だけではなく体も素敵だなんて何も言うことないですよね。

今回は、山田裕貴さんの身長や体重・腹筋の筋肉の画像から筋トレ方法などについて調べて行こうと思います。

スポンサーリンク

山田裕貴の身長や体重は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

山田裕貴(@00_yuki_y)がシェアした投稿

山田裕貴さんの身長は、178cmと高身長ですよね。

178cmと同じ芸能人だとこんな方々がいます。

☆錦織圭31歳テニス選手

☆山﨑賢人26歳俳優

☆賀来賢人32歳俳優

☆中島裕翔27歳歌手

☆藤原竜也39歳俳優

☆DAIGO43歳タレント

☆西島秀俊50歳俳優

☆マツコ・デラックス48歳タレント

山田裕貴さんの体重に関しては、公表されていません。

BMI計算にて体重を出してみると

適正体重 69.7kg
美容体重 63.37kg
モデル体重 57.03kg

山田裕貴さんをみても、細身に見えますので、体重も美容体重の63kg前後なのかも知れません。

スポンサーリンク

山田裕貴の腹筋の筋肉がヤバイ?

山田裕貴さんは今とは違い、細く華奢な体型な時期があったのを知っていますか?

2015年の映画『ストロボ・エッジ』の頃は華奢な体型の山田裕貴さんだったのです。

腕が細いのが分かりますよね。二の腕の筋肉がなく細く見えます。

そんな山田裕貴さんの筋肉がヤバくなったのは、ドラマや映画の役作りの為に筋トレを開始したからだそうです。

山田裕貴さんが出演した映画『闇金ドッグス』や映画『HiGH&LOW』などはアクションシーンも多かった為、本格的に筋トレがスタートしたそうです。

映画『HiGH&LOW』では、鍛えられた体を披露しています。

2017年に公開した『あゝ、荒野 前篇・後篇』では、ボクサー役として更に体を縛り引き締まった体を披露していました。

特に腹筋の筋肉の割れた肉体美は見ている誰もが魅了されてしまいました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

山田裕貴(@00_yuki_y)がシェアした投稿

二の腕の太さが、ストロボ・エッジの時よりも倍以上になっているのが分かりますよね。

スポンサーリンク

山田裕貴の筋トレ方法とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

山田裕貴(@00_yuki_y)がシェアした投稿

山田裕貴さんの筋トレのトレーニング方法は、役作りの一貫としてやっていたそうです。

ダイエットと役作りを合わせたトレーニング方法だったそうです。

スポンサーリンク

ランニング

『ストロボ・エッジ』に出演が決まった際は、ダイエット目的でランニングを始めたそうです。週に4~5回・約10kmを雨の日も欠かさず走っていたそうです。

原作が漫画でもあるので、キャラクター少しでも近づけれる様にストイックにやっていたんだとか・・。

スポンサーリンク

ボクシングジムでのトレーニング

『あゝ、荒野』の時には、まだオーディションも受けていない時からボクシングジムに通い、本物のプロボクサーに見えるよう体を鍛え上げていたそうです。

合格後も、ボクシングトレーナーにご指示を受けながら、プロ用のトレーニングを続けていたそうです。

オーディションの合格後は、「百円の恋」にも参加した松浦慎一郎にボクシング指導を受けながらトレーニングに励んだ山田。期間中は「プロに近付けば近付くほど裕二にも近付く」と感じていたそうで、「すべてのメニューが終わったあとに、思いっきりお腹を殴られるのを30回から50回くらいやるんですよ。ジムの人たちが『この子たちは本当にプロになるんですか?』とおびえるほど真剣にやっていました」と過酷な練習の一端を明かし、「そのときは主演舞台やベーシストの役もやっていたから、俺は何者なんだ?と感じていました」とはにかんだ。

(引用元:映画ナタリー

スポンサーリンク

腕立てやバーンマシンを使ったトレーニング

自宅で腕立てやバーンマシンを使ってトレーニングをしているそうです。

バーンマシン

バーンマシンは両手でボクシングのスピードバックを打つように回して使うことトレーニング器具です。 フォームを維持しながらぐるぐると回すだけで両腕・腹筋・背筋・大胸筋などを短時間で、しかも爆発的に鍛えることが可能な新感覚の筋トレアイテムこそが「バーンマシン」なのです。

(引用元:https://store.esports.co.jp/sp/burn-machine/

無酸素運動かつ、非常に体力を使うので減量にも効果あり、持久力の向上にも効果があり、山田裕貴さんにとってボクシングのパンチボールを打つトレーニングにもなったんだと言います。

腕立てやバーンマシンは、自宅で簡単にトレーニングが出来るのでとても助かったんだそうです。

今では、ランニングやボクシングジムには行ってはいないと思いますが、体型をキープする為に食事に気を付けたり、自宅で出来る器具で筋トレはしているそうです。

スポンサーリンク

野菜中心の食生活

筋トレ中の食事に関してもストイックに栄養管理されていたそうです。

筋トレ中は野菜中心の生活を心がけ、体をキープさせる為にも野菜中心の食事なんだそうです。

外食に頼るのでなく、しっかり自炊している所も、太らない為にも管理しているんでしょうね。

ご飯も白米ではなく、玄米ご飯にしていてホント健康管理バッチリって感じです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、山田裕貴さんの身長や体重・そして腹筋の筋肉や筋トレ方法などについてご紹介させて頂きました。

今後の役作りでどんな体になっていくのかも見逃せませんよね。

山田裕貴さんの活躍から目が離せません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

俳優

Posted by mayu